グラデーションのサイトへようこそ!

Diversity and Inclusion ダイバーシティとインクルージョン  ダイバーシティ研修 アンコンシャス・バイアス

一人ひとりの多様な個性が尊重される社会を目指して

ダイバーシティとインクルージョン。多様性が認められ尊重される組織や社会づくりは、昨今特に暮らしや働き方の満足度、および企業における生産性の向上に欠かすことのできない要素として、注目を浴び始めています。同時に、不確実性の高い現在の社会の中で、組織の多様性は今まで企業が直面したことがなかった課題を解決するための創造的なアイディアを生み出し得る可能性を秘めています。

 

しかし組織やチームが多様であるだけでは、イノベーションは起こりません。ややもすると逆に大きなロスを生みかねません。大切なのは、組織やチームが「インクルーシブ=一人ひとりの違いを尊重し包摂的である」かどうかです。

 

多様性というと、一昔前までは「女性活用」という言葉をよく耳にしていましたが、今は様々な「多様性」を視野に入れながら、組織のあり方を見直していく必要があります。その中には、目に見えやすい多様性と目に見えにくい多様性があると考えられますが、例えば、性別、国籍、年齢、身体的特徴などは目に見えやすい多様性です。目に見えにくい多様性としては、宗教、出身地、個々人の価値観や出身地、文化などがあります。

 

「グラデーション」では、多数派、少数派に関わらず、一人ひとりの個性が多様なグラデーションの一部であるということを認め、尊重し合える組織や社会づくりに向けて、様々なサービスを提供しております。

~ 一人ひとりが違うからこそ世界は美しい ~

ダイバーシティ&インクルージョン